台風19号

台風19号による被害に遭われた皆様には謹んでお見舞い申し上げます。
また、いち早い復興をお祈り申し上げます。

10月12日
台風被害に備え、非常食の準備、窓ガラスの補強、非常電源用の配線。
停電時でも最低限の明かりを保てるように準備しました。
また、近隣河川の上流部の水位を常に観察や1時間毎に相野谷川の水位を確認し、万が一の浸水に備えて2階へ移動できる準備を致しました。
人員については、宿直体制を強化、翌朝の出勤時の安全を鑑み数名の介護職員も宿泊し備えました。
S__8249418.jpgS__8249416.jpg

10月13日
ようやく台風は過ぎ去り、被害なく朝を迎えました。
が、上流から流れで利根川の水位が上昇し続け、16時40分ついに市からの防災無線で利根川水位の上昇に伴った警戒レベル3「避難準備・高齢者等避難開始」が発令されました。水彩館では、職員が力を合わせ1階のご入居者を全員2階へ避難開始し無事完了。
その後警戒レベルが2に下がりましたが、念のため翌朝まで2階で過ごして
頂きました。
ご利用の皆様には大変ご不便をおかけしましたが、被害、事故もなく無事に今日を迎えています。
沢山のご家族様や関係者の方からお見舞いのご連絡をいただきました、ありがとうございました。
こちらから個別にご連絡できず申し訳ありません。
今回の対応について振り返り、この経験を活かすような天災が来ないことを祈りつつ、体制を整えたいと思います。
しばらくは、時間差の土砂災害や道路陥没等の懸念があります。
どうかご面会時等には安全にご来館くださいますよう、お願いいたします。

この記事へのコメント